バイク買取業者と小売店の違い

バイク買取は、ネットで市場価格をチェックしたし、査定も複数からもらったし、だいたいこのくらいの価格で買取ってもらえるんだな、と安心していたら、実際の買取価格が低くてがっかりという経験をした人もいるかもしれません。

バイク買取価格と、中古バイクの市場価格はどの程度乖離しているのでしょうか。

お店を経営している立場になれば、バイクの市場価格からお店側のコストを差し引いてみれば、買取価格が想像できそうということはわかります。

バイク販売を行う小さいお店は食料品や文具などとは違って、毎日100とか1000とかいった単位で売れるわけではありません。

在庫を抱えるにはリミットがあります。

お店を構えていれば、お店のラニングコストがかかります。

扱っているのはオートバイクですから、整備のコストもかかってきます。

ビジネスオーナーはそうしたコストを差し引いても利益を出さなければなりませんから、買取価格はそのあたりの事情が反映されてきます。

バイク店へバイクを持ち込むのに比較して、バイク買取り店が高額買取が可能になるのは、このような事情が背景にあります。

バイクの買取業者は、在庫を持つ必要がなく、買取ったバイクをオークションへ出品します。

整備士がいて、ライン作業のように整備を行います。

すぐに売り払うことができるのは、こうしたシステムが整っているからという理由もあります。

どんなビジネスでも同じですが、コストがかからない方が利益は大きいわけで、コストがかさむリスクがあるほど、買取額にも悪影響が出るということがわかります。