事故車のバイク買取

バイク買取では、事故車や不動車は安く買いたたかれてしまうと思って、なかなか踏ん切りがつかない人もいるでしょう。

確かに、故障していて動かないバイクを高額で買取るところは少ないでしょう。

とはいえ、実際にはそれぞれのバイクのコンディションがありますし、整備費や修繕費を引いた価格になっているだけで、不必要に安くなるというものでもありません。

つまり、不動車でも、事故車でも、買取りは可能であるということがわかります。

長期間放置して触っていないバイクは、バッテリーがあがって動かなくなっているケースや、キャブレター詰まりを起こしているケースが考えられます。

バイク買取以前に、このバイクはしばらく乗らないだろうと思ったら、バッテリーのマイナス極を外しておくようにします。

バッテリーは放電していますが、マイナス極を外して置くだけでも、バッテリー上がりが回避できます。

キャブレターの中に入っているガソリンが、どろどろになって腐って、固まってしまっているケースも考えられます。

ガソリンコックをオフにしてエンジンをかけると、キャブレターの中のガソリンが空になって、エンジンが停まります。

バイクを保管する前にやっておくといいでしょう。

バイク買取店は、こうした事故車や故障車をあつめて、安いコストで整備します。

一般のお店が故障を修理するよりは、ずっと安いコストで整備が可能になっている分、お店に買取を依頼するよりも、買取ってもらいやすいし、買取価格が高くつくこともあります。