名古屋のデザイナーズマンションの分譲価格と問題点は?

名古屋のデザイナーズマンション建設率は、首都圏を凌ぐ勢いとの見方があり、それ故に販売価格は1割高とも。

長く住む、その価値はどこにあるのか熟考しましょう。

■駅徒歩5分で価格は少し高め。

7,600万円前後が相場。

デザイナーズマンションの分譲物件は、立地条件や周辺環境によって価格が異なりますが、駅徒歩5分圏内であれば相場は均衡しています。

たとえば名古屋駅を起点とした物件では、間取りにして1LDK〜3LDKのデザイナーズマンションで、3LDK(約750㎡)は7,600万円以上です。

いずれも駅徒歩5分程度の物件なので、将来を見越した投資用のデザイナーズとしても価値があります。

■突然の停電にも備えは十分か、タワーマンションの弱点。

デザイナーズマンションでいま問題になっているのは、高層のタワーマンションです。

万一大規模な停電が発生したときには、給水機能がマヒしてしまうという点です。

高層のタワーマンションは電気を使った給水ポンプで上層階に水を汲み上げているため、当然ですが給水がストップしてしまいます。

耐震問題はクリアしているものの、高層階から1階まで、エレベーターを使わずに水汲みに行かなければならない苦労がメディアにも取り上げられています。

■デザイナーズマンションは名古屋でもかなりの人気がありますが、それ故に価格が高く、今後の推移が心配されています。

名古屋は他県にくらべてデザイナーズマンションの建設が目立つ地域。

駅徒歩5分圏内はほぼデザイナーズで占められているほどですが、「そもそも定義が曖昧で、それ自体に価値があるかは別問題」という専門家もいます。

設備・仕様、間取り、建築構造などを基本にしっかり調べましょう。

名古屋のデザイナーズマンションを探すなら、不動産専門サイトのLAxuryで基本的な情報が簡単に確認できます。

  • Posted on 15. 8月 2019
  • Written by admin01
名古屋のデザイナーズマンションの分譲価格と問題点は? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.